オカケンシネマ公式サイト
ホーム
 
プロフィールコンタクト
 
ウェブムービー
 
セルムービー

Sell Movie

HOME | SellMovie | 情熱列島

情熱列島

アナタニトッテノスノーボード_ 
撮影はYGFと情熱列島の綱渡り。

信越から続くHi-seeさんとの第2作情熱列島。シーズン始めの頃にはこんなビデオになるとは想像もしていなかった。情熱列島は雪不足の年だった。しかし雪不足でも撮影は続く。長野、新潟、北海道と行ったが情熱列島とYGFの両方を撮影をするのに、スケジュールに悩んだ。YGFとの綱渡りは予想以上に大変だった。そして信越で悩んだツリーラン。この年も十分に悩みながら撮影した。Hi-seeさんはツリーランを撮るのが上手い。Hi-seeさんがビデオを回していなければ、このビデオシリーズは絶対に完成しなかった。
 
僕がこの頃Hi-seeさんという写真家と行動して感じ始めた事は、写真とビデオは基本的に撮るモノが違うという事。”撮影”と一緒の言葉ではあるけど写真は一瞬の時間を切り取り、ビデオは継続された時間、ライダーの動きを切り撮る。その事に気づき始めたのもこの頃。Hi-seeさんと動き始めてから痛烈に感じるようになった。これは当たり前のような事だけど、僕にはとっては重要な事だった。
 

インタビューで綴る構成。

情熱列島は、信越よりも”人”を掘り下げて作ろうという事になり、インタビュー構成で作ると決まった。Hi-seeさんがシーズンが終わった後、ライダーにインタビューをしに行き、それを受け取り僕は編集していく。YGFの編集もあり、時間のない中で別々に行動して各パーツを集めていった。インタビューのテープは膨大な量に増えていった。何時間もライダーの言葉を聞き、重要と思う言葉を切り出した。かなり辛い作業であったが、同時にライダーの考えている事が凄く分かる作業でもあった。
 
『情熱列島のイメージはNHKみたい。』とHi-seeさんに言われ、作品のトーンは決まった。
沢山あるライダーの資料や写真に囲まれながら、編集は深夜まで続いた。

 

情熱列島の見所

アナタニトッテノスノーボード_で始まるこのビデオは、各ライダーにスポットを当て、スノーボードをライフスタイルにしている様々な人たちが出演する。学生の授業で先生となり、手作りのスノーボード制作を教える人やつり好きのローカル。ロマンを求める、旅好きの人、ブランドを経営しながら滑る人、プロスケーター&プロスノーボーダー。長年滑ってきた人だからこそ語れる、スノーボードとの向き合い方。
 
アナタニトッテノスノーボードトハ?

RIDER 
和泉けんたろう
大江信行
橋本貴興
美谷島 慎
中山一郎
PUNCH
中山二郎
丸山隼人
渡辺尚幸
笠原 啓二郎
平澤 健
石坂 亮
鈴木裕司
杉田正憲
森山俊幸
佐藤慎二
and more…
 
< MUSIC >
MUSIC
【opening】
Chackalarm "cyber-sea"
【魚沼ローカル】
steadyups vs doctor echo
"oppossor version"
hopomythumb "QWATWO"
【Green.Lab Life #1】
steadyups vs doctor echo "step live"
【Snow Skater】
hopomythumb "ADCT"
【Stranger】
hopomythumb "srowbeat",
【Originater】
hopomythumb "Happy4Time"
【Green.Lab Life#2】
steadyups vs doctor echo "dub the nation"
【Nob Loaf】
victor rice "son of dubday", greenshit "朝まで"
【Trip】
greenshit-81 "so nice!"
【Riders】
mumsdoller "the professor"
【Green.Lab Life#3】
hopomythumb "tsui sola no naka"
【Ending】
greenshit "心に太陽を"

DATE

2007/08season
DVD 4:3