DVD WORKS / Too tough to die

ビデオっぽいビデオTOO TOUGH TO DIE


ライダーの層の厚さは重要だ





YGF5作目となったTOO TOUGH TO DIEは引き続き日本をメインに撮影した。
シーズン始めには北海道に向かい、新潟・長野・福島と撮影。春には岩手も行った。ロケーションは豊富、ライダーも高いパフォーマンスを維持していた。
それでもビデオをチームで作っていると毎年必ず悩む事がある。それはライダーの怪我とスケジュール。


この年はメインライダーのヨネさんが怪我で離脱。天池イズミ、TOCKYとも撮影のタイミングが合わず、多くフッテージを残す事が出来なかった。


しかしこの年の出来上がったビデオは、
パートを獲得したライダーのスキルと、遊び心のあるライディングで、
かなり面白いビデオに仕上がっている。


YGFのライダーの層は厚かった。

本編編集

TOO TOUGH TO DIEもパンチ君のアイデアを形にしながらの編集作業だった。
今までのYGFにはない、アニメーションを使ったオープニングは、
毎日いろんなアイデアを出し合い、議論し作り上げた。


パートの間に入れた、面白い映像の構成は、
全てパンチ君からの提案が最初だった。
それを具現化しようと僕は一生懸命編集した。


この作品はパンチ君が居なければ出来なかったビデオだった。
いろんな意見を戦わせながら、TOO TOUGH TO DIEは
今までのYGFの無い、ビデオっぽいビデオに仕上がった。



Too Tough To DIeの見所

この年の見所と言えば、上村貴之のパート。


彼は自分のパートをどう見せたいかが分かっているライダーであり、アーティストだ。
見ていて印象に残るパートを作るには、人と違う事をしなくてはいけない。
ロケーションにこだわり、時間にこだわり、ワンカットずつ地道に撮影する。


地元が、冬に遊び場になる彼は、ロケーションを吟味する時間がふんだんにある。
知っている場所に雪が降るという好条件を、ビデオをを撮りながら羨ましいと思った。
彼のパートはこのビデオのキーポイントになった。



Too Tough To DIeプロモーションビデオ



メインメニューへ

CAST

米田博亮
長谷川 泰士
竹野大輔
大平 修
時田敬士
佐藤慎二
天池イズミ
大信雄一
遠藤義明
堂前和也
and more…

MUSIC

【opening】
スキャナーズ "ベンチ”
【Shinji】
UNWRITTEN LAW"Blame It On Me"
【PUNCH】
THE CHERRY COKES
"ILL WEEDS GROW APACE"
【Du&Takashi&Takuya】
Alice Lee"Perfect Girl"
【Rui】
69BAG"NICO"
【Masa&Takeshi】
BOMB FACTORY"SICK HEAD"
【Taka】
mumsdoller"Sunrise"
【Friends】
BOMB FACTORY"TIME"
【Kazuya】
UNWRITTEN LAW
"Shouda Knoun Better"

DATE

2007/08season
DVD 4:3

WORKS